top of page

【 弓道教室 】

●弓道教室の概要          

半弓道の所作、射法を学ぶ個人指導弓道教室です。

※大弓の指導(通常の弓道)の指導はありません。

​弓道教室のカリキュラム【基準書

●ご利用方法             

●個人指導(1名):1回 45分 19,900円

弓道体験の申込みフォームから1名でご予約下さい。

いつでも、どなたでもご利用可能です。

🎯弓道体験 1~10名 45分

●ご来場時にどちらかを選択して下さい

・弓道体験

 矢を放つことをメインとした体験です

・弓道教室

 所作や射法を厳密に学ぶ講習です

 ※初回は所作のみで矢を放つ体験はありません

●資格取得・順位戦ほか        

●資格取得試験:1回 45分 19,900円

資格取得試験

●資格を取得されると参加権が得られます。

​・順位戦:1回 45分 6,000円 順位戦

・半弓道大会

・非公開イベント・練習会

●対象者               

どなたでもご利用可能です(年齢不問・小中学生可)

※小学生・中学生の弓道 ➡ こちら

よくある質問

​​●弓道教室に興味があります。まずはどうしたらよいですか?            

まずは一度、弓道体験にお越し下さい(何名でご利用頂いても結構です)その際に矢を放つ体験と並行して弓道教室の内容を説明致します。弓道教室の内容を聞き、内容にご納得頂きましたら、次回は弓道体験を1名でご予約下さい。次回からは所作や射法の習得を主とした講習を実施します。

●弓道体験と弓道教室の違いは?    

弓道体験は主に矢を放つことをメインとした、アクティビティ寄りの体験となります。楽しむことをメインとし、細かなルールを設けていない気軽な内容です。一方、弓道教室は所作や射法を厳密に学ぶこととなり、集中した受講が求められます。初めてご利用される方はまず弓道体験をご利用下さい。弓道体験を経験した後、専門的に学びたいという方は弓道教室を受講下さい。

●初めから弓道教室の受講はできますか

初めてお越し頂いた方でも弓道教室のカリキュラムを受講することは可能です。ただし、弓道教室の初回内容は所作のみの指導となり、矢を放つ体験はありません。その上でもご来場時にお客様の希望に沿った受講計画をご提案致します。

●集団で行う教室はありませんか?   

集団で行う教室は実施していません。以前は集団で行う教室も実施しておりましたが、受講者の技術習得に差があり、ペースについて行けない方が辞めてしまう状況でした。一方、個人指導では周りを気にせず自分のペースで継続できます。結果として技術習得が早く、良い結果が出ています。

●指導は厳しいですか?        

優しく、分かりやすく、丁寧に指導します。むしろ個人指導であることで、受講者様から好評頂いております

どれぐらいの頻度で通うべきですか? 

・趣味としてのんびり続けたい方

月1回、1年程度継続頂ければ、資格取得まで行けると思います。資格取得後はご自身のペースで順位戦や大会に参加して下さい。

・早く資格取得をしたい方

週1回、月4回ほどのペースでお越し下さい。多少の個人差はありますが、それほどの時間がかからず資格取得となるはずです。資格取得後は順位戦や大会に参加して下さい。

●教室に通うコツはありますか?    

AM10:00のご予約がおススメです。30分早いAM9:30にお越し頂ければ、通常45分の指導時間を30分早くスタートし75分に延長できます。指導時間が長くなり、より多く学ぶことが出来るはずです。

●資格取得試験の合格は難しいですか? 

合格のお約束はできませんが、大人の方であれば4回程度の事前指導で合格できるように指導をしています。

半弓射法

●資格取得をするメリットは何ですか? 

弓道体験よりも割安な料金の順位戦予約がご利用頂け、大会にも参加できます。非公開のイベントや練習会に参加できることもあり、結果的にお得になります。友人や家族で資格を取得されるのもおすすめです。

​【順位戦

●弓道教室の見学はできませんか?   

見学は受付していません。弓道教室は個人指導のみ実施しているため、決まった日程での開催が行われていません。

●弓道教室の目標はなんですか?    

資格取得試験の合格を目標にして下さい。資格取得後は順位戦の上位入賞が目標です。

​【順位戦

●保護者の手伝いは必要ですか?    

スポーツ団体特有の保護者の手伝い当番はありません。

●段位は取得できますか?       

全日本弓道連盟が定める段位の取得はできません。

●日本語がわかりません        

問題ありません。英語もしくは翻訳機で対応します。

●大弓指導は受けられませんか?    

当店の指導は「半弓」のみとなります。ですが、大弓に移行を希望される場合、お客様の最寄りにある弓道団体を紹介しています。お子様であっても大弓への転向方法をアドバイスします。気軽にご相談下さい。

●半弓の技術は大弓に活かせますか?  

私達は初めから大弓(通常の弓道)を始めるより、半弓から始めることを強くお勧めしています。なぜなら半弓はとても扱い易く、力の弱い方でも容易に始められるからです。半弓の所作や射法は多少の違いはあれど大弓と変わりません。現に、多くの方が当店で半弓を経験した後、最寄りの弓道場や学校で大弓を始めています。

半弓と大弓の違い

●続け方のイメージを教えて下さい   

まずは所作を中心とした指導を実施し、並行して射法八節を習得します。ある程度的中が確実なレベルまで到達した時点で「資格取得試験」​を受験し、合格を目指して下さい。合格後は順位戦や大会の利用が可能となります。上位入賞を目指しましょう。またそれ以上のステップである大弓への移行を希望される方は最寄りの弓道場や学校の弓道部で大弓を始めるようご紹介しています。大弓への移行希望は気軽にご相談下さい。

●骨格に影響がでると聞いたのですが  

長年指導を行っていますが、今までそのようなことが起きたことはありません。

料金プランはほかにもありませんか? 

​資格を取得されますと弓道体験よりも割安な料金の順位戦予約がご利用頂けます。

​【順位戦

●購入するものはありますか?     

ありません。全て貸出しします。弓具が破損した場合も故意による破損を除きご負担はありません。全て受講料に含まれます。

●自宅で練習する方法はありますか?  

自宅での練習方法も指導しています。何度も受講頂くことも大切ですが、自宅で復習してお越し頂いたほうが技術向上に有効です。受講時の様子をご自身のスマートフォンでビデオ撮影頂くこともできます。振り返りの参考にして下さい。

【 資格取得試験免除制度 】

●概要

全日本弓道連盟が定める段位「初段以上」の方は、資格取得試験を受験せず順位戦資格を取得できます。

● 免除条件

・全日本弓道連盟発行の段位明書を提示

 ※初段以上の認許状(スマホ撮影の写真もOK)

● 手続き方法

・免除条件を満たした方だけで弓道体験を予約

   ⇩

・来店当日、免除条件の証明書を提示

   ⇩

・免除者向けガイダンスを行います

参加者に1人でも未経験者(非該当者)がいた場合、免除者向けガイダンスの受講はできません

● 試験 ・ガイダンス

・順位戦ルール解説

・射技審査のみ実施します:20連中での20射皆中

・会5秒以上での発射(4秒未満は的中としません)

 ※複数人ですと時間が間に合わない場合があります

bottom of page