top of page

【弓道教室】基準書 


2023年8月更新版


入会試験、弓道教室の基準書です​

● 入場               

執り弓の姿勢をしっかりとする

※ 揖の角度、上体を10㎝屈する

※ 礼の角度は45度、本座より三歩入場

※ 入場歩数四歩以上、三歩未満の場合は減点

※ 目線は伏し目に3m先をみる

※ フラフラしない

● 足踏み

的を見て左足を的に向かって半歩踏み開き、右足を一旦左足に引き付け、右に一足で扇形に踏み開く

※ 足元を見ない事、見た場合減点

※ 足の角度は60度の扇形(角度不整合は減点)

※ 足を開く間隔は自己の矢束(狭い場合は減点)

● 胴造り

しっかりと腰を据え、三重十文字を揃える。総体の重心が腰の中央におき、胴が安定していること

※ 姿勢が悪い場合は減点

※ 弓の本弭を左ひざ頭に置き、右手は右腰に構える

※ 弓の本弭が股の間に入る、浮いている場合は減点

● 弓構え               

取懸けでしっかりと矢筈をつまんでいること

※ 手の内は軽く握り、中指、薬指、小指が揃い、親指が伸び、中指の上に据え置かれた状態

※ 物見をしっかり定める(左手から矢先を観る)

● 打起こし              

右ひじを動かしてはならない

左手(弓手)のみを押し開き、両拳を打起こす

● 引分け

左右均等に引分け、右手は頬に付ける

※ 頬から離れない様にする

● 会

・引分けの延長を意識し、左右に伸びあう。

・引分けから会にかけて、左手の手首は動かさない

※ 手首の入れすぎ、控えすぎに注意

・右ひじが身体より前に出過ぎない。

・右手と右ひじが平行になる様にする。

・伸び合いを意識し、離れの時期を定める

※ 会5秒、短い場合は減点

● 離れ                

左手を振り込まない、右手が頬から離れない

● 残心                

矢を放った後の型を保持する

※ 目安3秒、残心が取れない場合は減点

● 弓倒し

右ひじ、左ひじより手が後ろに回らないこと

● 退場                

右足、左足を身体の中心に揃え、退場する

● その他               

・皆中であること

・表情の変化、発声は減点または失格

・的に跳ね返された矢は失中

● 服装                

・動きやす服装、Tシャツ等(長袖または半袖)

・靴はスニーカーまたは足首が固定できるサンダル

● 禁止の服装               

・膝が出る短パン

・スカート

・ヒールの高い靴やサンダル

・タンクトップ

・ボタンのある上衣

● 身だしなみ             

・前髪は眉毛より短いこと

・耳に髪がかからないこと

※ 長い場合はピン等で抑える

・爪の白い部分が1mm以下とする

※ 服装、身だしなみは厳しくチェックします。条件を満たさない場合、昇格試験不合格とします

● 初級                

・個人指導

連続4回 70点以上または16射128点以上を記録

・集団指導

連続4回 68点以上または16射124点以上を記録

・所作一連を間違えないこと

​・落ち着きある態度で行射を行えること

・16射引き切り、失中は即不合格

● 中級               

・初級条件と同様(弽を使用)

※ 指導者が認めたもののみ審査

● 上級                

・所作、態度は初級条件と同様(大弓を使用)

・立ち練習にて20射皆中


● 特別生

・会員の模範となること

・上級目標を達成し自身の弓具揃えた者は特別等級生として受講料が全額免除となります

bottom of page